6月 28

第4回 パケットキャプチャ術で秘密もちょっぴりこぼれた?

title

前回まではCTFネタをお届けしたわけですが
今回は、編集の方のご意向もあり
新人技術者の方への「教育」を意識して、パケットキャプチャネタを書かせていただきました。
紹介させていただいているツールは「Wireshark」付属のコマンドラインツール「tshark」です。
記事中にも書いているのですが、こちらのツールは、「tcpdump」よりも小回りがきくだけでなく
「Wireshark」のフィルタの勉強にもなるということから、こちらのツールを紹介させていただいております。

ボクは、今まで、ペネトレーションテストを生業にさせていただいてきましたが
実は、初仕事は、IDS関連だったりします。
そして、学生時代には、パケットをキャプチャすることで裏側で何をしているのが分かる。
ということを学んで、ワクワクしたこともありました。

そういったこともあり、パケットキャプチャには特別思い入れがあり
「教育」というキーワードを聞いたとき、「コレしかない」と思ったわけです。
ネットワークに関係する仕事をする上で、いつまでも切っても切れないものだと思います。

記事中には、簡単な練習問題も出題していますので
新人の方は、パケットキャプチャに慣れるために
慣れ親しんだ方は、頭の体操にと
手を動かしていただければ幸いです。



Copyright 2017. All rights reserved.

Posted 2010年6月28日 by ntsuji in category "site