10月 7

Metasploit インストールメモ

FreeなExploit Frameworkの代表格[Metasploit]のインストールメモです。
# 公式サイトのUbuntu/Kubuntu/Debian Linux向けドキュメントと同じなのですがメモとして残しておきます。
以前は、依存関係のあるものを手動で入れていましたが[apt-get]により飛躍的にインストールが楽になったと思います。
# Snortのメモでも同じようなことを書いたかもしれませんが。

インストールした環境は手元のUbuntu9.04です。apt-get install ruby libruby rdoc
apt-get install libyaml-ruby
apt-get install libzlib-ruby
apt-get install libopenssl-ruby
apt-get install libdl-ruby
apt-get install libreadline-ruby
apt-get install libiconv-ruby
apt-get install rubygems*
これで使えるようになるのですがGUIも必要な場合は下記も実行します。apt-get install libgtk2-ruby libglade2-rubyこれで[Metasploit]が動作する環境は整いました。
あとは、下記のように[Subversion]を使って最新版を入手するだけです。svn co http://metasploit.com/svn/framework3/trunk/ framework3これで実行したときのカレントディレクトリに「framework3」というディレクトリが作成され、その中に[Metasploit]一式がダウンロードされます。アップデートの際も同じように「Subversion」を実行するだけです。



Copyright 2017. All rights reserved.

Posted 2009年10月7日 by ntsuji in category "memo